肌のくすみはピーリングで改善|トラブル解消法

女の人

少しの刺激にも反応する肌

鏡を見る女の人

「敏感肌」とは、普通の人よりも肌が反応しやすい状態を意味する言葉です。医学的な病名ではないものの、化粧品や洗剤、衣類などに肌が反応し、ピリピリとした感覚や赤みが見られます。これは、肌が敏感に傾いていることが原因と言われており、その要因として、乾燥肌で肌バリアが損なわれ刺激が入りやすくなることが挙げられます。近年では、敏感肌に悩む人が増加していると言われています。その背景には、衣食住などの変化、精神的なストレス、各種アレルギーや花粉症などが起因しているものと考えられています。敏感肌に悩む人が増えるにつれて人気が上昇しているのが、敏感肌用と謳っているスキンケアやメイクアップなどの各種製品です。現在では、多種多様な製品が開発・販売されています。

敏感肌は、少しの刺激であっても肌が反応してしまうことから、普段の生活の中でも気をつけたいことや注意した方が良いことが多々あります。人によって何に肌が反応するかは異なるので、自分の肌が何に弱いのかを把握することが大切です。先ず、日々使用する洗剤や化粧品などは低刺激または敏感肌用、且つ自身の肌質に合ったものを選ぶことが推奨されています。屋外では、紫外線に肌が反応する人も多いので、その際には屋内へ移動する、カーディガンなど袖の長い羽織物を着用する、日焼け止めを塗るなどの対策を要するケースもあります。屋内においても、ほこりに肌が反応することもあるため、露出を控えたり、こまめに掃除をしたり、マスクや眼鏡を着用するなどの対策を講じましょう。また、敏感肌のバリア機能を高める化粧品も販売されています。敏感肌用に特化した保湿クリーム等には肌のバリア機能自体を高める効果があるので、そちらも活用するとより肌荒れしにくくなります。